風の掲示板

  ●旧掲示板

Message

  1. 名前:KrystalNib : 投稿日:2019/04/20(土) 17:39:18

    world of tanks buy bonus code >>>>> http://bit.ly/2Piyayp

  2. 名前:小川たいよう : 投稿日:2019/04/19(金) 17:25:24

    遅くなってすいませんでした。
    あの公演から、もう5か月たちました。

  3. 名前:小川たいよう : 投稿日:2019/04/19(金) 17:22:11

    八代市立第三中学校の小川泰耀です。
    僕たちの学校では「星の王子様」を演じていただきました。様々な大人の姿を見て、王子が一つずつ学んでいくのをみて自分も考えさせられました。面白くもあり、すこし暗くもあった地球に行くまでの王子の旅は何も知らない王子と自分を重ねてみていました。
    地球にきて、パイロットと出会って王子がキツネから教えてもらった
    「大切なものは目には見えない」
    この言葉を頭におくようにしています。白根さん、渋谷さん、劇の後も質問や感想にお付き合いいただき、ありがとうございました。写真を一緒に撮って頂いた皆さん、忙しいかたずけの中,何も言わずに映ってくださり、その姿勢に心打たれました。
    渋谷さんからもらった付箋は大事すぎて使えてません。
    台本にサインまで頂きました。
    風の皆さん、素晴らしい体験をさせていただき、ありがとうごさいました。

  4. 名前:花岡 : 投稿日:2019/04/04(木) 21:49:45

    昨日初日のコーカサスの白墨の輪を観劇させていただきました。
    十歳の娘に本物の舞台に触れさせてあげたい と思い連れて行きました。
    が!序景で これからの舞台が三時間と聞いた時は、 夜7時から これから三時間?!まさか、うそでしょ と 笑ってしまいました。(すみません(。>д<))
    内容が10才には難しいかも と心配しましたが、熱中して観劇する三時間で 帰る電車の中でも どんなに楽しかったか 細部まで感想を語ってくれました。次の日も 留守番していた姉妹達に素敵な舞台だったと一日中話していたようです。
    もちろん、また 行きたい!!と言ってくれました。
    KAZEの事を何も知らずに、新聞に掲載された写真に惹かれた気持ちのままに 東中野までいってみましたが、思いきって行ってよかった 皆様にお会いできてよかった と感謝しておまります。
    素敵な時間をありがとうございました

    • 名前:白根有子 : 投稿日:2019/04/10(水) 11:49:54

      花岡さん、『コーカサスの白墨の輪』ご観劇いただきありがとうございました。
      また、とても嬉しい感想をありがとうございます。
      公演初日、娘さんがお母さんと一緒に最後まで一生懸命見てくれていたことがとても印象的で、私たちもとってもよく覚えています。公演後にお声掛けしたいと思っていたのですが、こうして感想や公演後の様子をお伝えいただき本当に嬉しいです。
      『コーカサスの白墨の輪』は2015年にレパートリーシアターKAZEで新作初演しました。私たちの劇場はレパートリーシアターと名付け、いくつかのレパートリー作品を繰り返し上演しているのですが、今回はそのレパートリーのひとつとしての上演となりました。(舞台に登場した人形はレバノンで芸術活動をしているエリック・ドゥニオーが制作したものです)。今回出演した俳優たちも、この劇場で様々なレパートリー作品に出演しています。
      花岡さんと娘さんのように、公演後に楽しかったことや、疑問や、感想を互いに話し合ってもらえる、そういう時間を持ってもらえるということは、私たちにとって本当に嬉しいことです。ぜひぜひまた一緒に劇場に来てくださいね。
      レパートリーシアターKAZEではこの後、5月には詩(今回は古代ギリシャの女流詩人サッフォーの詩)を元に俳優の身体と動きによって構成した「詩劇」を邦楽囃子方の方々と共演します。また8月には『コーカサスの白墨の輪』と同じ作者、ブレヒトの『都会のジャングル』を俳優総出演でプレビュー公演します。
      また劇場に来ていただき、感想を聞かせて頂けたら嬉しいです。
      どうぞ娘さんにもありがとうとお伝えください。
      また劇場でお会いできることを楽しみにしています!

      グルシェ役:白根有子

  5. 名前:静岡の榊原勝 : 投稿日:2019/02/04(月) 16:11:04

    泪が込み上げてきました。ありがとうございました。
    始めて出会ったときに、自分の目で確かめたいと東中野の劇場に足を運び、その時得た感動に似ていました。バリアフリー、これからもっともっと考えていきたいですね。最も困難なのは、心の壁。演者が上手にやろうとするより、思い入れを深く深く染み込ませたとき、何かが起こります。自分も演奏会毎に、リピーター、始めてのお客さん、盲導犬と共に盲の方、不登校になった自閉症の子供とお母さん、等様々な事情の違う皆様が集まります。心に染み入る、癒やされる音楽を届けたい。今回の空間は、団員皆様の人に優しい空気が充満していました。風は本物ですね。行って良かったと、味わいながら次の会場へ足を運ばせてもらいました。

    • 名前:稲葉礼恵 : 投稿日:2019/02/05(火) 18:16:40

      榊原先生、昨日はバリアフリー公演にご来場いただき本当にありがとうございました!
      初めての試みで、じつは先生にご案内した時もどうなるのか全く予想がつかなかったです。なので、感想を寄せて下さりとても嬉しいです。
      今回の公演でとても大きかったのは、先生が書いて下さった通り、心の壁を取り払ってお互いの違いから学び合い繋がっていけたことでした。どんな場合にも人と繋がっていくことを楽しめる生き方が大事だと思いました。
      また音楽でのバリアフリーのお話をぜひ聞かせて下さい!
      先生とまた新しい繋がりを見つけられたことを嬉しく思います。
      また静岡を訪れる際には寄らせて下さい!
      シアターにもまた来て下さいね。