HISTORY&PHILOSOPHY

風の歩み

劇団概要

 〈今、なぜ演劇なのか、今の時代、この社会において演劇の為すべきことは何であるか〉という問いのとともに、1987年、東京演劇集団風を創立。
 以後、ロシアの作家アントン・チェーホフや20世紀を代表するドイツの亡命作家ベルトルト・ブレヒトの作品を柱に東京での上演活動を展開すると同時に、劇団は「演劇とは真実を語るだけでなく、“社会”や“現実”を批評でき、自分自身も顧みることができる空間だ、それが〈自由を感じられる空間〉である」という想いをもって、青少年を対象とした全国巡演活動も創立以来、意欲的に行ってきました。
 1999年、専属の拠点劇場〈レパートリーシアターKAZE〉を建設、年間8~10本のレパートリー作品と新作の上演を行う。
 2003年より〈ビエンナーレKAZE 国際演劇祭〉を開催。フランス、ルーマニア、ポーランド、ドイツ、モルドバなど、その地域はヨーロッパにやや偏重しているが、多国間による演劇人、芸術家との交流・共同製作は今なお続いている。
 亡命作家マテイ・ヴィスニユック(ルーマニア出身・パリ在住)による劇団のための書き下ろし作品『ジャンヌ・ダルク―イオアナと炎』『ニーナ あるいは剥製にされたカモメの儚さ』の上演や、浅野佳成演出によるブレヒトの『乞食 あるいは 死んだ犬』にフランスの俳優オリビエ・コントとイワナ・クラチュネスク(ルーマニア出身・パリ在住)が出演し、革新的なブレヒト劇を上演、シビウ国際演劇祭(世界三大演劇祭の一つ)に招待されるなど、劇団のレパートリーに新たなブレヒト作品が加わったことなどはその代表的な活動です。
 また劇団とモルドバ共和国のペトル・ヴトカレウ(ウジェーヌ・イヨネスコ劇場 芸術監督・演出)とイヨネスコ劇場との共同製作も大きく実を結び、ペトル演出の『ハムレット』は風の代表作の一つと言われるまでになりました。また2009年8月に初演された『ジャンヌ・ダルク―イオアナと炎』は、2011年の上演活動に向けて、その準備を進めています。
 さらに海外での招待公演も近年盛んになり、2007年には辻由美子(劇団代表・俳優)が「第2回ガラ・スター国際演劇祭」に参加、グランプリを受賞しています。
 2008年には劇団の若手演出家 南雲史成(2007 年入団)演出の『フランクフルトに恋人がいるサックス奏者が語るパンダの物語』(マテイ・ヴィスニユック作)がBITEI 演劇祭・シビウ演劇祭に招待され、そのあとアヴィニョン演劇祭に参加し、俳優の中村滋(2005年入団)を座長に、劇団の若手俳優・演出陣が20ステージのロングラン公演を成し遂げました。“内”に“外”に現代と演劇を模索する新しい実践のための試みが繰り返されています。
 なお2009年夏には「矛盾、言語、抵抗 そして希望へ―」と銘打った第4回ビエンナーレKAZE 国際演劇祭を開催、作家マテイ・ヴィスニユックの新作2 本を含む4本の作品を上演しました。
 今、東京演劇集団風が模索する演劇。それは“新しい演劇の実践”ではなく、社会とその社会を構築する人々、つまり“現代と演劇の新たな実践のための演劇”の探求です。


名称

株式会社東京演劇集団風

 

劇団員構成

代表 辻由美子 芸術監督 浅野佳成ほか30名(俳優26名 スタッフ6名)

 

劇団付帯施設

専属の拠点劇場〈レパートリーシアターKAZE〉 東京・東中野
月夜野アトリエ演劇工房 群馬県みなかみ町・月夜野

入団要項


東京演劇集団風の主なレパートリー作品


受賞歴

2004年 第11回湯浅芳子賞・戯曲上演部門
『肝っ玉おっ母とその子供たち』、『冬』などの舞台成果
2004年 第4回倉林誠一郎記念賞・団体賞
レパートリーシアターの確立を目指し特色ある世界演劇祭を実現した成果
2004年 第11回読売演劇大賞個人賞 辻由美子
『肝っ玉おっ母とその子供たち』『ゴドーを待ちながら』
2007年 バコビア市民劇場(ルーマニア・バカウ市)主催 一人芝居の国際大会「第2 回ガラ・スター国際演劇祭」に辻由美子が演じる『ピカソの女たち~オルガ』が招待参加、最優秀大賞受賞