レパートリーシアターKAZE2019

レパートリーシアターKAZE劇場体験週間

ヘレン・ケラー~ひびき合うものたち

 

2月9日[土]・10日[日] 開演:2時
※9日、10日は「バリアフリー演劇」上演を行います。
追加公演決定! 2月10日[日] 開演6時
盛況につき、急遽追加公演を行うことに決定いたしました。お申し込みはお早めに!

 
※2月5日~8日は〈劇場体験週間〉として中野区内6カ所の支援施設・事業所の
利用者の方が観劇・体験します

作:松兼功 
演出:浅野佳成
音楽:小室等 舞台美術:上田淳子
照明:坂野貢也 音響:渡辺雄亮 舞台監督:佐田剛久 
演出助手:江原早哉香

 

出演:白根有子/渋谷愛
酒井宗親/仲村三千代
緒方一則/中村滋
坂牧明/稲葉礼恵/清水菜穂子

 

自分らしい明日を探しているすべての人へ
飽くなき好奇心と不屈の愛情の物語―ひびき合うものたち

生まれて間もなく一切の光と音を失い、心の鍵を閉ざしたヘレン・ケラー。
彼女のもとにやってきた情熱的な新米教師アニー・サリバン。
ふたりは必死に「生きている幸せをともに味わいたい」と
ぶつかり、身体ごとの〈対話〉を重ねていく。
 
見えない、見えずらいかたのための音声ガイド、聴こえない、聴こえずらい方のための
手話通訳・音声ガイドを新たに加え、「バリアフリー演劇」第一弾として上演いたします。

  • 東京新聞
  • 新聞赤旗
助成:
 
文化庁文化芸術振興費補助金(劇場・音楽堂等機能強化推進事業) 
独立行政法人日本芸術文化振興会
協力:
 
 
社会福祉法人愛成会/社会福祉法人中野あいいく会
アメニティーフォーラム実行委員会、NPO法人シアター・アクセシビリティ・ネットワーク、
NPO法人バリアフリー映画研究会、アーツサポ東京、Palabra株式会社


▲このページの先頭へ


第95回公演【レパートリー作品】

コーカサスの白墨の輪

 

4月3日[水]~7日[日] 開演:平日7時/土日2時

作:ベルトルト・ブレヒト Bertolt Brecht 
翻訳:岩淵達治
演出:江原早哉香
 
作曲:パウル・デッサウ Paul Dessau ©SUHRKAMPVERLAG
音楽制作:八幡茂 舞台美術:髙田一郎
衣裳:ズザンナ・ピョントコフスカ Zuzanna Piątkowska
人形美術:エリック・ドゥニオー Éric Deniaud
オーレリアン・ズキ Aurélien Zouki
照明:坂野貢也 音響:渡辺雄亮 舞台監督:佐田剛久

 

出演:白根有子/柳瀬太一
栗山友彦/佐野準/柴崎美納
工藤順子/稲葉礼恵/清水菜穂子/白石圭司
佐藤勇太/酒井宗親 ほか

 

廃墟となった世界で、ひとりの歌手が語る
関節が外れた時代を生きた人間のふたつの物語

混乱の時代のどさくさの中で、領主の赤ん坊を背負い込んでしまった女中グルシェ。一方、ひょんなきっかけで裁判官にさせられた飲んだくれアツダク。
それぞれ違う道を辿ったグルシェとアツダクは、生みの母親と育ての母親の子供を巡る大岡裁きの席で出会うこととなる……。
2015年に初演し、「小気味の良い寓意劇」と評価された江原早哉香の演出によるブレヒト作品、初めてのレパートリー上演。コロスの集団性、さらにパペットの批評的造型を駆使し、現実には絶えず破れながらも、歌い、笑い、生きていく人々の物語を描く、風のブレヒトの舞台にご期待ください。

▲このページの先頭へ


第96回公演【新作・詩劇】

10番目の詩女神(ムーサ)

 

5月4日[土]~6日[月・振替休日]開演:2時

構成・演出:浅野佳成
音楽:八幡茂
舞台美術:髙田一郎
照明:坂野貢也 音響:渡辺雄亮
協力:原一平/向瀬杜子春
望月太意三郎(邦楽囃子方)

 

出演:渋谷愛/柴崎美納
柳瀬太一/緒方一則
栗山友彦 ほか

 

この物語は昔のものだ
しかし愛は新しく、人々に希望を与えた―

古代ギリシャの女流詩人サッフォーの詩編からインスピレーションを受けた、劇団オリジナルの新作上演。演出の浅野佳成が考案した“俳優が詩を身体化し演じる”独自のジャンル「詩劇」と、古代ギリシャのことば、日本の伝統文化が出会い、新たなリズムを奏でる。

 

▲このページの先頭へ


【プレビュー公演】

都会のジャングル

8月29日[木]~9月1日[日] 開演:平日7時/土日2時

作:ベルトルト・ブレヒト Bertolt Brecht 
翻訳:岩淵達治
構成・演出:浅野佳成
舞台美術:アンドラ・バドゥレスコ Andra Badulesco/佐田剛久
作曲・音楽制作:八幡茂 
照明:坂野貢也 音響:渡辺雄亮
演出助手:江原早哉香

 

出演:白根有子/柳瀬太一/渋谷愛/緒方一則
佐野準/栗山友彦/佐藤勇太/中村滋/白石圭司
柴崎美納/木村奈津子/工藤順子ほか劇団員総出演

 

都市は残らぬ、残るのは吹き抜けてった風ばかり―
演出浅野佳成が、原作にブレヒトの詩を織り交ぜたオリジナルの構成台本を作成。
劇団の俳優総出演で上演する新作のプレビュー公演です。


▲このページの先頭へ


【予告】

【レパートリー作品】

窓辺の馬

作:マテイ・ヴィスニユック Matéi Visniec 
翻訳:川口覚子/志賀重仁
演出:ペトル・ヴトカレウ Petru Vutcărău
 
出演:柴崎美納/中村滋/石岡和総/緒方一則 ほか

 

2017年、劇団創立30周年記念企画で初演。作家の原点となる作品を、東京演劇集団風とモルドバ共和国ウジェーヌ・イヨネスコ劇場が共同制作。


【新作】

標的の女と十人の愛人(仮)

作:マテイ・ヴィスニユック  Matéi Visniec
翻訳:川口覚子
演出:江原早哉香

 

現代作家マテイ・ヴィスニユックと風が協働する新作上演。広場に突如現れる移動遊園地を舞台に、多声的で幻想的な世界と遊び心あふれる旅芸人たちを描く。 
お前さんは覚えてるか?   
人生を通じて運ばねばならぬメッセージを。
―そりゃ俺のナイフの切先だ