MEMBER

劇団員

柳瀬 太一 Taichi Yanase

上演企画部チーフ・ダイレクター

1987年、東京演劇集団風創立に参画。風の根幹となるチェーホフ作品、ブレヒト作品にほぼ出演し、ベルトルト・ブレヒト作、浅野佳成演出による『マハゴニー市の興亡』(パウル・アッカーマン役)、『肝っ玉おっ母とその子供たち』(料理人役)など代表作も多い。近年は江原早哉香演出による『なぜ ヘカベ』(2013年初演/マテイ・ヴィスニユック作)のゼウス役、『コーカサスの白墨の輪』(2015年初演/べレトルト・ブレヒト作)のアツダク役、『母が口にした「進歩」』(2016年初演/マテイ・ヴィスニユック作)の隣人役などで主要な役を担い、幅広い人間観察から生み出される骨太の舞台に定評がある。また上演企画チーフ・ダイレクターとして、全国巡回公演や海外での公演活動のプロデュースを行っている。

■主な出演作品

  • マハゴニー市の興亡/パウル・アッカーマン
  • 肝っ玉おっ母とその子供たち/料理人
  • ハムレット/クローディアス
  • なぜ ヘカベ/ゼウス
  • Touch~孤独から愛へ/ハロルド
  • 母が口にした「進歩」/隣人
  • かもめ/トレープレフ
  • ヘレン・ケラー~ひびき合うものたち/アナグノス
  • 三文オペラ/ピーチャム
など